コンテンツへスキップ

手水鉢を設置しました

(有)ティーズ・コーポレーションよりご用命いただき、富小路二条のマンションに手水鉢(水琴窟)を設置いたしました。

水琴窟とは、手水鉢の地下排水部分を空洞にして、水滴が落ちる音を反響させる機能をもつ装置とのことです(詳細はティーズ・コーポレーション様のHPをご確認ください)

昔は瓶を入れて地下に空洞を作りだしていたのですが、ティーズ・コーポレーション様が開発されたユニットを設置いたしました。
工事は狭い通路でマンション工事と並行での作業でしたので、バタバタしており、ユニットを設営する場所に大きな鉄鋼に当たる為切断したりと想定よりも時間がかかってしまいましたが、何とか私たちの対応するユニット・手水鉢の設置は完了。水道の接続や、仕上げは造園屋さんに対応いただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。