コンテンツへスキップ

京都市営大日山墓地について

本日大日山墓地でお墓清掃を致しました。

前回、市営墓地について簡単に説明いたしましたが、現在利用者募集中の京都市営大日山墓地について説明いたします。

大日山墓地は7月末まで利用者募集中の市営墓地です。京都市は市営墓地の募集を年ごとにローテーションで募集をかけており(深草墓地を除く)、2021の10月から7月までは大日山墓地の利用者募集中となっております。

大日山墓地はどのような墓地なのかというと、自然に囲まれたところで周りに工場や、道路がないので、静かにお祀りできる場所です。しかし、アクセス面は駐車場がないことと、長く緩やかな階段を上がる必要があり、足腰に自信のない方にとっては通うのはいささか大変な場所であるといえます。
実際、石屋の私たちも大日山墓地で建墓するのはかなり骨が折れる場所ではあります。

空き区画などは京都市HPで確認可能ですが、どこがいいかなどおすすめもできますので、もしよろしければご案内できればと思います。

「○○墓地の募集はいつなのか」とお尋ねいただくことがありますが、ローテーションが決まっているわけではないので、断定できませんが、

しばらく募集がない地蔵山墓地、宝塔寺山墓地は今年か来年の10月から募集かかる可能性は高そうです。

逆に昨年、一昨年と募集があった住吉山墓地、清水山墓地の次の募集は4、5年先と予想されます。

通年ではそのような流れですが、近年のお墓の募集状況を鑑みて、これからこのようなローテーションでの墓地使用者募集は今後見直されるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。